野菜

我が家は、野菜をたくさん食べます。

おかげで、便秘知らずです。

 

それに、野菜にはビタミンCとか、

抗酸化力のある成分を含んでいるので、

健康にも、アンチエイジングにも効いてるはずです。

毎日の積み重ねが大事なので、その効果は実感できてませんけどね。

 

さて、この野菜、水分を90%ほど含んでいて、

パリパリとした食感が楽しめます。

さらにパリッとさせるためには ・・・

 

それは、真水に漬けることです。

 

浸透圧によって、水が野菜へ浸み込むのです。

野菜の水にはいろんな成分が溶け込んでいますが、

野菜を水に浸すと濃度が均一になるよう、

水が野菜へと浸み込むのです。

 

料理人の中には、水ではなくて、

50℃くらいのお湯で洗う方がいますが、

実はこれは理にかなっているのです。

 

浸透圧は、温度が高いほど大きくなるので、

より野菜に水がしみこむのです。

 

じゃ~、沸騰したお湯で洗えば良いと思うかもしれませんが、

野菜の細胞壁は、60℃くらいて壊れてしまうので、

パリッとした食感が楽しめなくなってしまいます。

 

適温で野菜を洗うのが良いのです。何事も、適度が良いのです。 

 

また、野菜を塩もみすると、

今度は野菜から水がでてきます。

野菜の浸透圧よりも、塩水の浸透圧の方が高いからなんですね~。